読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YEASTIEBOYS DIGITAL IPAを飲みました。

 f:id:fouryen:20170106234426j:image

 

f:id:fouryen:20170106234432j:image

 

f:id:fouryen:20170106234438j:image

 

 

 

クラシック kiwi IPA

 

アルコール5.7% IBU55とIPAの割に攻撃力低め。

後味がドライというかちょっと青い感じ。

 

苦いビールはいいものだ。

 

 

A classic kiwi IPA: clean malt, citrus and tropical hop flavours,

with a bold bitterness.

 

古典的なキウイIPA:きれいな麦芽、柑橘類と熱帯ホップの味、 大胆な苦味を伴う。

 

 

A new world India Pale Ale inspired more by our traditional

forefathers than the modern pretenders, Digital IPA is defined by

its heavy use of late kettle hopping and very restrained use of

dry hopping - a technique, in contrast to our peers, that goes a

long way to proving Yeastie Boys’ philosophy of ‘fresh is not

best’.

IPA as it was originally intended but with a decidedly new world

twist.

 

新しい世界インドのペールエールは、現代の偽者よりも伝統的な祖先によって多くのインスピレーションを得たDigital IPAは、ケトルホッピングの後期使用が非常に制限され、ドライホッピングの使用が非常に制限されているという定義があります。 Yeastie Boysの「新鮮さは最高ではない」という哲学を証明する方法です。

IPAは本来意図していたが、まったく新しい世界的な紆余曲折を持ちました。

Yeastie Boys Digital IPA presenter.pdf - Google ドライブ